ハッピーメール(2012年3月)

彼を信じてついていきたいと思います
 
こんにちは。
所詮サイトでの出会いなんて…と思いながら登録したラブサ。
たくさんの方からのメールにびっくり。
誰とどんな会話をしたか、わからなくなるくらいの大量メールでした(笑)

私も一人一人にメールを返すのが大変で、いつの日か簡単なメール返信のみになり…
その中の一人が彼でした。
彼とは数回簡単メールを交わしたくらいで、その後は3ヵ月ほどの空白がありました。

再び彼からの申込メールが来て。
偶然にも彼を覚えていたので、『はじめましてじゃないよ。こうちゃん♪』と返信をして、それからです。
お互いに惹かれあっていき、会いたい気持ちが強くなり、彼が静岡県から車をぶっとばして、会いに来てくれました。

そして私たちはお付き合いすることとなりました。
ちょっぴり距離はあるけれど、私は彼を信じてついていきたいと思います。

感動と感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも私たちをあたたかく見守ってください。



ラブほめをしてくれたのが出会いのきっかけでした
 
初めて出会ったのは、ラブほめをしてくれたのが出会いのきっかけでした。
いつもラブほめされているのかなって見ていたらプロフィールにラブほめされていたので、お礼の気持ちも込めてお返事をしました。
そしたら、彼女からお返事をもらう事ができましたが、最初は何を書いたらいいのか迷っていましたが、彼女がタイプだと言われたときは本心嬉しかったです。

僕の仕事も忙しかったですが、彼女とのメールのやり取りは楽しかったので、時間が許す限りはお互いのプライベートのことなどを話をしていました。
たまたま、予定は無かったんですがクリスマスイブから連休を取っていたので、お互い会いたいという気持ちはあったので、予定が空いているか聞いてみたら空いているとのことだったので、彼女が住んでいる長野県に遊びに行くことになりました。

僕は埼玉県で彼女は長野県で距離は離れていましたが、高速道路を利用すれば彼女の住んでいるところまでは2時間程で到着する距離でした。
久しぶりの長距離運転もあったので、近くのビジネスホテルに宿泊するつもりで会いに行きました。最寄駅で待ち合わせしたんですが、内心ドキドキだったので車内で借りてきたDVDなどを見て気分を落ち着かせていた気がします。

会ったときはお互い緊張していたのもありぎこちなかった気がしますが、プライベートの話をしているうちに、気分も落ち着いて気軽に話せるようになりました。
お店を見ながら店内で食事を取り、その後はビジネスホテルに行ってテレビを観たり会話をして過ごしました。その日は家の近くまで送って僕はまたビジネスホテルに戻りましたが、彼女の優しさと甘えん坊なところに好意を抱いていました。

翌日は、帰る前に少しの時間だけですが、彼女と会ってドライブをしながら会話を楽しみました。正式に交際を申し込んで付き合うことになりました。
遠距離になってしまいますが、彼女を不安にさせないように毎日メールのやり取りをしたり、僕の上着を貸して寂しい気持ちを和らげています。

本当に彼女に出会えて良かったと思っています。いつまでも仲良く信頼し合える関係で居れるように頑張っていこうと思います。
この出会いをさせて頂いたことに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。どうもありがとうございました。

出会い応援サイトのラブサーチ

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ